2017モデル M1 440 ドライバーの特徴や評価(使用した感想)は?

2017モデル M1 440 ドライバーの特徴や評価(使用した感想)は?

2017モデル M1 440 ドライバー

 
 

 

 

ヘッド体積: 440cc
ヘッド素材: チタン

 

 

「2017モデル M1 440 ドライバー」の特徴

新・M1 440 ドライバーは、より操作性を重視したヘッド体積440ccモデル。

安定感を求めて、まっすぐ打ちたいなら「M1 460 ドライバー」、ドローやフェードの持ち球で攻めたいなら「M1 440 ドライバー」です。

 

2017年モデルM1ドライバーは2016年モデルと比較すると次のように進化しています。
  1. カーボン使用量が43%増加しました。
  2. ヘッドの重量配分を改善、慣性モーメントが向上しました。
  3. 低重心化、ウエイトの可動範囲が向上しました。
  4. T字ウエイトエリアが20%長く、ウエイトは12グラムで旧モデルより重くなりました。
  5. 重心が64%後方に なりました。

 

ウエイトを後方に配置すると、前方に配置したときと比べてスピン量で300 rpm、ロフト角で1度上昇させる効果を発揮するそう。2つのウエイトの配置場所は483通りもの組み合わせがあるとのこと。アジャスタブル・ホーゼルなどほかのカチャカチャ機構と組み合わせると、旧モデルより32%増加した5,796通りのセッティングに調整することができます。

 

 

 

 

「2017モデル M1 440 ドライバー」を使用した感想

使用したユーザーの感想(1)
  • (男性)59歳 身長:180cm 体重:85kg
  • ロフト:9.5
  • シャフト:Tour AD TP-6
  • シャフトフレックス:S
  • ゴルファータイプ:セミアスリート
  • 平均スコア:83〜92
  • ヘッドスピード:47〜50m/s
  • 平均飛距離:241〜260yd
  • 持ち球:ストレート
  • 弾道高さ:高い

 

コメント

本日新しいM1が届き、早々に試し打ちをしました。旧M1(430 M1-116) 打感的には変わりません.が、音質は旧M1がボコッという音に対して金属音的な高い音になりました。飛距離は大きく相違がないような気がしますが、これは芯に当たる確率にもよりますので参考になりません。

 

実際、どちらも当たればキャリーで250Yといったところでした。まだ1度の試打で評価はできませんが、高いレベルのクラブであることは間違いありません。明日のラウンドが楽しみです。

 

使用したユーザーの感想(2)
  • (男性)64歳
  • ゴルファータイプ:セミアスリート
  • 平均スコア:83〜92
  • ヘッドスピード:43〜46m/s
  • 平均飛距離:221〜240yd
  • 持ち球:ドロー
  • 弾道高さ:低い

 

コメント

フェース角がオープン3°(マーク金井センセの実測による)とのことだったので、そんなん使えるのかと思っていましたが、実物はそうでもない感じ。オープン2°くらいかなぁ?あんなヘッドでも打音は金属っぽいし、大丈夫と思います。

 

使用したユーザーの感想(3)
  • (男性)56歳 身長:183cm 体重:77kg
  • ロフト:9.5
  • シャフト:ツアーAD TP6
  • シャフトフレックス:S
  • ゴルファータイプ:セミアスリート
  • 平均スコア:101〜110
  • ヘッドスピード:47〜50m/s
  • 平均飛距離:241〜260yd
  • 持ち球:ドロー
  • 弾道高さ:高い

 

コメント

全体的な感想としては、 軽くゆったり振れます。方向性も出せる優しいクラブです。 直進性を白いラインが高めます。 飛距離はゆったり振って270ヤードです。打感 感触、打感共に最高です。騙されたと思って購入すべきです。

 

「2017モデル M1 440 ドライバー」の関連動画

 


「購入者の感想」や「最新価格」を詳しく確認する。

(1) 楽天で確認する。
楽天市場で確認する。
(2) Yahoo!ショッピングで確認する。
Yahoo!ショッピングで確認する。
(3) Amazonで確認する。
Amazonで確認する。
(4) ゴルフ5で確認する。(実店舗もあります!)
ゴルフ5で確認する。
(5) 有賀園ゴルフで確認する。(実店舗もあります!)
有賀園ゴルフで確認する。
(6) フェアウェイゴルフでUSモデルを確認する。(激安輸入クラブ
フェアウェイゴルフで確認する。


こんな記事も読まれています!

(1)カテゴリー別 おすすめのドライバー
(1)初心者におすすめのドライバー
(2)スライサーが使うと効果のあるドライバー
(3)飛距離性能が高い(飛ぶ)ドライバー 
(4)方向性の良いドライバー 
(5)ヘッドスピードが上がるドライバー
(6)ドラコン選手が使用するドライバー
(7)総合評価が高いおすすめのドライバー 
(8)ランの出るドライバー(低スピンドライバー)
(9)おすすめの女性用(レディース)
(10)操作性の良いドライバー 
(11)超高反発なドライバー


(2)メーカー別ドライバー
(1)タイトリストのドライバーを徹底調査!
(2)キャロウェイゴルフのドライバーを徹底調査!
(3)ダンロップのドライバーを徹底調査!
(4)テーラーメイドのドライバーを徹底調査!
(5)本間ゴルフのドライバーを徹底調査!
(6)ブリヂストンのドライバーを徹底調査!
(7)フォーティーンのドライバーを徹底調査!
(8)プロギアのドライバーを徹底調査!
(9)ピンのドライバーを徹底調査!
(10)ナイキのドライバーを徹底調査!
(11)ヤマハのドライバーを徹底調査!
(12)カタナのドライバーを徹底調査!
(13)ミズノのドライバーを徹底調査!
(14)ヨネックスのドライバーを徹底調査!
(15)コブラのドライバーを徹底調査!


(3)2021年モデル 各カテゴリー別おすすめドライバー!
(1)【2021年モデル】飛距離が出る飛び系ドライバー!
(2)【2021年モデル】初心者におすすめの「飛んでやさしい」ドライバー!
(3)【スライサー向け】2021モデル おすすめのドライバーは?
(4)【2021年モデル】ベストスコアを狙う 直進性の良いドライバーは?
(5)【2021年モデル】体力の落ちたシニアにおすすめのドライバーとは?
(6)【2021年モデル】上級者向け 操作性の良いドライバー
(7)【2021年モデル】おすすめの総合評価の高いドライバー


(4)2022年モデル 各カテゴリー別おすすめドライバー!
(1)【2022年モデル 全14機種】ゴルフ初心者におすすめのドライバー!
(2)【2022年モデル 全8機種】スライサーにおすすめのドライバー
(3)【2022年モデル 全7機種】高初速で飛ぶドライバー!
(4)【2022年モデル 全11機種】ミスに強い曲がりにくいドライバー!
(5)【2022年モデル 全7機種】低スピンになりやすいドライバー
(6)【2022年モデル 全9機種】コントロール性の高いドライバー
(7)【2022年モデル 全12機種】総合評価の高いドライバー
(8)【2022年モデル 全10機種】シニアにおすすめのドライバー


(5)2022年最新ドライバー!
(1)【最新技術満載!】テーラーメイド ステルス ドライバーとは?
(2)【ハイドロー】テーラーメイド ステルス HD ドライバーとは?
(3)【まっすぐ飛ぶ】キャロウェイ ローグ ST MAX ドライバーとは?
(4)【低スピン】キャロウェイ ローグ ST MAX LSドライバーとは?
(5)【新機能満載】本間ゴルフ TW757 TYPE-S ドライバーとは?
(6)【高初速の実現】本間ゴルフ TW757 TYPE-D ドライバーとは?
(7)【風に負けない強弾道】ブリジストン B1ドライバーとは?
(8)【高弾道でやさしく飛ばせる】ブリジストン B2ドライバーとは?
(9)【やさしく高弾道】ダンロップ ゼクシオ 12 ドライバーとは?
(10)【圧倒的直進安定性】ヤマハ RMX VD59ドライバーとは?
(11)【ツアープロ向け】ヤマハ RMX VDドライバーとは?
(12)【飛距離性能抜群!】コブラ LTDx ドライバーとは?
(13)【やさしく飛ばす!】ヨネックス EZONE GT 450 ドライバーとは?
(14)【小ぶりで操作性が高い!】ヨネックス EZONE GT 425 ドライバーとは?
(15)【操作性が高い!】プロギア RS JUST ドライバーとは?
(16)【左へのミス激減!】プロギア RS JUST F ドライバーとは?
(17)【ハイドローが打ちやすい!】プロギア RS JUST D ドライバーとは?
(18)【全芯ヘッド】オノフ オノフ 赤 ドライバー 2022年モデルとは?
(19)【ボールがつかまりやすい】ミズノ ST-X220 ドライバーとは?
(20)【高い直進性・安定性】ミズノ ST-Z220 ドライバーとは?


スポンサードリンク 


おすすめの関連サイトもご覧下さい!

(1) アイアンを徹底分析!アイアン大全集はこちらです!
(2) ゴルフ場予約サイトを徹底分析!おすすめのゴルフ場予約サイトはこちらです!